上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、せずさんのblogに転ばぬ先のバックアップスクリプト
ありました。
デジタルで描いてる身としては使ったら安全だわぁ!
ということで、せずさんにご指導頂きながら自分の使用目的にあわせて
ちょっと変更して使用しています。
ふぅ、めんどくさくなくバックアップ取れて安心><

保存した瞬間に周期監視来ちゃうとうまくコピれなくて
エラーが出るけど気にしないぜ!

なんか微妙に元より伸びてしまったのが以下。

var execProgramPath = "C:\\soft\\graphic\\sai\\sai.exe"
var backupFolderPath = "D:\\graphic\\comicworks\\少年少年"

var objWShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
var objApl = new ActiveXObject("Shell.Application");
var objFileSys = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
var objExec = objWShell.Exec(execProgramPath);

var lastModifyDate = "";
var firstFlag = false;

while (objExec.Status == 0) {
var objFolder = objApl.NameSpace(backupFolderPath);
var objFolderItems = objFolder.Items();
for(i=0;i objItem = objFolderItems.Item(i);
if (objItem.IsFolder == false) {
if (lastModifyDate < objItem.ModifyDate) {
lastModifyDate = objItem.ModifyDate;
if (firstFlag == true) {
var objDate = new Date();
var timeString = objDate.valueOf();
var fromPath = backupFolderPath + "\\" + objItem.Name;
var toPath = backupFolderPath + "\\" + objItem.Name + ".BK" + timeString;
objFileSys.CopyFile(fromPath , toPath);
}
}
}
}
firstFlag = true;
WScript.Sleep(10000);
}




長いよ!とかそのフォルダ名なんだよ!とかが突っ込むところだと
思います。たぶん。

せずさんは、最下層参加者の作品製作を快適にするツールを次々に
作ってくれる(予定の)人です!!!!


追記を閉じる▲

var execProgramPath = "C:\\soft\\graphic\\sai\\sai.exe"
var backupFolderPath = "D:\\graphic\\comicworks\\少年少年"

var objWShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
var objApl = new ActiveXObject("Shell.Application");
var objFileSys = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
var objExec = objWShell.Exec(execProgramPath);

var lastModifyDate = "";
var firstFlag = false;

while (objExec.Status == 0) {
var objFolder = objApl.NameSpace(backupFolderPath);
var objFolderItems = objFolder.Items();
for(i=0;i objItem = objFolderItems.Item(i);
if (objItem.IsFolder == false) {
if (lastModifyDate < objItem.ModifyDate) {
lastModifyDate = objItem.ModifyDate;
if (firstFlag == true) {
var objDate = new Date();
var timeString = objDate.valueOf();
var fromPath = backupFolderPath + "\\" + objItem.Name;
var toPath = backupFolderPath + "\\" + objItem.Name + ".BK" + timeString;
objFileSys.CopyFile(fromPath , toPath);
}
}
}
}
firstFlag = true;
WScript.Sleep(10000);
}




長いよ!とかそのフォルダ名なんだよ!とかが突っ込むところだと
思います。たぶん。

せずさんは、最下層参加者の作品製作を快適にするツールを次々に
作ってくれる(予定の)人です!!!!

【2007/05/29 20:39】 | 雑談 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。